Discuss Scratch

_inosisisamaaonly
Scratcher
8 posts

意外と知られていないテクニック集

[return v] を  ([e^ v] \( (([in v] \( (A) \))) * (B)) \)) にする

これはA(A=>0)を底数とするB乗の値を返す式です。例えばA=10 B=1.5とでもすると≒32の値が返ってきます。これはscratchが上手くなればなるほど使う場面が増えてくるので覚えておきましょう。

Last edited by _inosisisamaaonly (Jan. 31, 2024 04:09:56)


僕らは綺麗に生き続けることができる。
綺麗にのんびり暮らそうじゃないか。
kouryou118103
Scratcher
1000+ posts

意外と知られていないテクニック集

(((B) * ((A) の [ln v]::operators)) の [e ^ v]::operators)
これで
((A)^(B)::operators)
が作れますが、A>=0の時しか動作しません。

もうすぐエイプリルフール
;;;;

セミコロン増量中

HexaHorn6530
Scratcher
4 posts

意外と知られていないテクニック集

スクラッチは30fps(1秒間に30回描画される)なので、描画に関係するブロックを挟むことで比較的正確に時間を測り、かつ他の条件も並列することができます。
⚑ がクリックされたとき
[フレーム数_30fps v] を [0] にする
[1秒あたりのループ回数 v] を [0] にする
[実際に測った時間(秒) v] を [0] にする
タイマーをリセット
< < (フレーム数_30fps) = [300] >または <[スペース v] キーが押された>> まで繰り返す
表示する
隠す
[フレーム数_30fps v] を (1) ずつ変える
[1秒あたりのループ回数 v] を ((フレーム数_30fps) / (タイマー)) にする
end
[実際に測った時間(秒) v] を ((フレーム数_30fps)/(30)) にする
上のサンプルコードでは、300フレーム、すなわち10秒を正確に測るだけでなく、この間にスペースキーが押されればループから抜ける事ができる。他の条件をいくらでも並列できるのは意外と便利です。タイマーでfpsを計測するコードも含まれています。「1秒あたりのループ回数」は30に近くなるはずです。これは分かりやすくするためのものなので、抜いて良いです。
また、
隠す
では1フレームの遅延が発生しないことに注意。おそらく「描画しないブロック」に該当するからであろう。
条件分岐などが大量に含まれる大きなループでは、1Fの遅延を挟むだけで処理が必要以上に頻繁には行われなくなり、軽くなります。タイマーのスクリプト以外にも
表示する

表示する
隠す
を挟むのは大いに意義があると思います。

Last edited by HexaHorn6530 (Feb. 8, 2024 07:26:34)


※これは署名です。本文とは一切関係ありません。
先日、自作GUIのカーソルの横移動を実現。さて、次はスライダーと切り替えスイッチを実装して、変数とかリストをGUIで操作できるようにするだけですね。嗚呼、たいへん。
HexaHorn6530
Scratcher
4 posts

意外と知られていないテクニック集

_inosisisamaaonly wrote:

[return v] を  ([e^ v] \( (([in v] \( (A) \))) * (B)) \)) にする

これはA(A=>0)を底数とするB乗の値を返す式です。例えばA=10 B=1.5とでもすると≒32の値が返ってきます。これはscratchが上手くなればなるほど使う場面が増えてくるので覚えておきましょう。

kouryou118103 wrote:

(((B) * ((A) の [ln v]::operators)) の [e ^ v]::operators)
これで
((A)^(B)::operators)
が作れますが、A>=0の時しか動作しません。
上の2つを(自分の解釈で)解説します。AのB乗を考える。
((A)の(In ))はネイピア数eを何乗すれば( )の数になるか?という値を返す。(wikiより。)
((A)の(e^ ))はネイピア数e = 2.71828…を何乗かしたときの結果を返す。(wikiより。) つまり、
((A) の [ln v]::operators)
はネイピア数eを何乗すればAになるか?という値を返す。これよりe^((A)の(In )) = A
つまり
(((A) の [ln v]::operators) の [e ^ v]::operators)
= A
両辺をB乗すると{e^((A)の(In )))}^B = A^B
指数は(a^2)^2 = a^4のように計算できるから、A^B = e^{((A)の(In ))*B}
これをスクラッチのブロックで表すと、A^Bは、
(((B) * ((A) の [ln v]::operators)) の [e ^ v]::operators)
となる。

※これは署名です。本文とは一切関係ありません。
先日、自作GUIのカーソルの横移動を実現。さて、次はスライダーと切り替えスイッチを実装して、変数とかリストをGUIで操作できるようにするだけですね。嗚呼、たいへん。
AKYARA
Scratcher
36 posts

意外と知られていないテクニック集

絶対もう書かれていますが、移動のプログラムを手っ取り早く組む時、私は
ずっと
x座標を (<[右向き矢印 v] キーが押された> - <[左向き矢印 v] キーが押された>) ずつ変える
y座標を (<[上向き矢印 v] キーが押された> - <[下向き矢印 v] キーが押された>) ずつ変える
end
と書いています、早く組めて斜め移動にも対応してるのでオススメです

Last edited by AKYARA (Feb. 7, 2024 07:12:52)


で、俺が生まれたってわけ。
inoking
Scratcher
1000+ posts

意外と知られていないテクニック集

#4006:

HexaHorn6530 wrote:

スクラッチは30fps(1秒間に30回描画される)なので、描画に関係するブロックを挟むことで比較的正確に時間を測り、かつ他の条件も並列することができます。

~略~

上のサンプルコードでは、300フレーム、すなわち10秒を正確に測るだけでなく、この間にスペースキーが押されればループから抜ける事ができる。他の条件をいくらでも並列できるのは意外と便利です。「(10) 秒待つ」とは違うのだよ、「(10) 秒待つ」とは。
なお、タイマーでfpsを計測するコードも含まれています。「1秒あたりのループ回数」は30に近くなるはずです。これは分かりやすくするためのものなので、抜いて良いです。タイマーは重たいですし。
(「比較的正確に」とはありますが)
フレーム回数で時間が計れるのは一定の条件を満たしたときだけです。

時間を計るのなら
素直に「2000年からの日数」や「タイマー」で経過時間を計ったほうがよいでしょう。

また、「タイマーは重たい」はどこから来たのでしょう?
「重い」とは実行が遅くなるという意味ですか?

これは署名と呼ばれるもので投稿本文とは関係ありません。
Scratch は「世界最大の子ども向けコーディングコミュニティーで、シンプルなビジュアルインターフェースを持ったコーディング言語」
 つまり「子ども SNS」ではない

・「傾向」とは単に一定の基準で作品を並びかえただけのもので、ランキングでもなんでもないナンバーワンよりオンリーワンを目指してみては?
・「フォロー」とは他の Scratcher が何をしているかを簡単に確認するためのもので、「フォロワー」は「ファン」ではない
・「スタジオ」とは特定のテーマに沿って作品をまとめたり共同制作したりするための場所
・「星」や「ハート」などを何かの見返りとすることは Scratch チームによって禁止されている
HexaHorn6530
Scratcher
4 posts

意外と知られていないテクニック集

inoking wrote:

#4006:
(「比較的正確に」とはありますが)
フレーム回数で時間が計れるのは一定の条件を満たしたときだけです。

時間を計るのなら
素直に「2000年からの日数」や「タイマー」で経過時間を計ったほうがよいでしょう。

また、「タイマーは重たい」はどこから来たのでしょう?
「重い」とは実行が遅くなるという意味ですか?
「重い」とは実行が遅くなるという意味です。なぜかというと、以前私がゲームを作っていた時に、タイムアタックの記録用にタイマーを使ったらいきなり実行速度が遅くなり、それ以来あまり使うのを極力避けるようになったからです。タイマーは常に動作しているというのを初めて知りました。あの時実行速度が遅くなったのはタイマーを変数のようにステージに表示していたことが原因かもしれません。私の知識不足と思い込みでした。すみません。私はフレーム単位での時間の計測を「◯◯フレーム以上ボタンが押されていればプログラムAを実行し、◯◯フレーム以内にボタンが離されていればプログラムBを実行する」のような使い方をしています。タイマーほどではないですが、短時間であれば比較的正確に時間を測れますし、同じタイマーを共有することによって生じる条件分岐、計算などを気にしなくて良いので手軽に使っています。
例えばこんな感じ。↓
⚑ がクリックされたとき
[フレーム v] を [0] にする
ずっと
表示する
もし <[右矢印キー v] キーが押された> なら
x座標を (5) ずつ変える
<<<[右矢印キー v] キーが押された> ではない> または <(フレーム) = [30]>> まで繰り返す
表示する
[フレーム v] を [1] ずつ変える
end
もし <(フレーム) = [30]> なら
<<[右矢印キー v] キーが押された> ではない> まで繰り返す
x座標を (10) ずつ変える
end
end
[フレーム v] を [0] にする
end
end
しかし、長い時間を測ったり、精度を重視したりするのならタイマーで時間を計ったほうが良いのではないかと思います。
※「ずっと」の中の最初の「表示する」は処理を軽くするためのものです。
2024/03/14 追記 : 「0秒待つ」でも約1Fの遅延が発生するとのことです。「表示する」などよりも扱いやすいと思いました。

Last edited by HexaHorn6530 (March 14, 2024 02:36:29)


※これは署名です。本文とは一切関係ありません。
先日、自作GUIのカーソルの横移動を実現。さて、次はスライダーと切り替えスイッチを実装して、変数とかリストをGUIで操作できるようにするだけですね。嗚呼、たいへん。
inoking
Scratcher
1000+ posts

意外と知られていないテクニック集

HexaHorn6530 wrote:

私はフレーム単位での時間の計測を「◯◯フレーム以上ボタンが押されていればプログラムAを実行し、◯◯フレーム以内にボタンが離されていればプログラムBを実行する」のような使い方をしています。タイマーほどではないですが、短時間であれば比較的正確に時間を測れますし、同じタイマーを共有することによって生じる条件分岐、計算などを気にしなくて良いので手軽に使っています。
はい、特性を理解したうえで使うぶんには何の問題もありません。
「単にフレーム回数で時間が計測できる」ではないということが言いたかったので。
なお、タイマーの使い方についてはこちらも読んでみてください。

Last edited by inoking (Feb. 8, 2024 03:08:32)


これは署名と呼ばれるもので投稿本文とは関係ありません。
Scratch は「世界最大の子ども向けコーディングコミュニティーで、シンプルなビジュアルインターフェースを持ったコーディング言語」
 つまり「子ども SNS」ではない

・「傾向」とは単に一定の基準で作品を並びかえただけのもので、ランキングでもなんでもないナンバーワンよりオンリーワンを目指してみては?
・「フォロー」とは他の Scratcher が何をしているかを簡単に確認するためのもので、「フォロワー」は「ファン」ではない
・「スタジオ」とは特定のテーマに沿って作品をまとめたり共同制作したりするための場所
・「星」や「ハート」などを何かの見返りとすることは Scratch チームによって禁止されている
-_make_game_-
Scratcher
11 posts

意外と知られていないテクニック集

気になったため検証してみました。
全く関係無いけどいちいち @greenflag がクリックされたとき と入力しないと一番上のこのブロックを出せないのがちょっと面倒。
@greenflag がクリックされたとき
[経過フレーム v] を [0] にする
タイマーをリセット::sensing
<(経過フレーム) = [300]> まで繰り返す
表示する
隠す
[経過フレーム v] を (1) ずつ変える
[FPS v] を ((経過フレーム) / (タイマー::sensing)) にする
end
[かかった時間 v] を (タイマー::sensing) にする
#4006を参考に上のようなコードを作り、実行してみました。何度か実行した結果、「かかった時間」の値はおおよそ9.9前後になりました。300の部分を6倍の1800に変えた時、「かかった時間」の値が59.4になった事から、恐らくscratchのFPSは30ぴったりでは無いのでしょう。(重いプログラムでなければ大体30.3くらいになるはず…)
(以下、「フレーム」は「F」と略します)
また、このプログラム内で使用されているFPSの算出方法は実は「開始から今までの平均FPS」になってしまっており、最初の数Fの間は実際とはかなり離れた値が出てしまいます。毎FリストにFPSを記録するようにして調べた所、開始して1Fの時の値はInfinity、2Fの時は60前後、100F時点で約30.6、1000Fで約30.3、と少しずつ実際の値に近づくものの、実際のFPSとは違う値となっています。
正確なFPSを求めたい場合は、
定義 FPS算出 (何Fの平均か)
もし <([平均FPS算出用 v] の長さ :: list) = (何Fの平均か::custom-arg)> なら
[平均FPS算出用 v]の(1)番目を削除する::list//古く不要なデータは削除する
end
(((((1) / ((タイマー) - (FPS算出用))) * (10)) を四捨五入) / (10)) を [平均FPS算出用 v] に追加する//このFのFPSを小数第一位まで求めています
もし <((経過フレーム) を (何Fの平均か::custom-arg) で割った余り) = [0]> なら//毎FごとにFPSを変えると見ずらいため
[FPS v] を (平均の算出プログラムを書くと長くなるので割愛::undefined) にする//こちらも小数第一位程度までの四捨五入を推奨
end
[FPS算出用 v] を (タイマー) にする
のようなコードを組んで毎F呼び出せば直近数FのFPSの正確な値が算出可能かと思います。

ユーザーネームが「ゲーム作り」ですが、ゲーム以外の作品も作っています。
scratchを開いたとき::events hat
もし <[暇] = [True]> なら::control
[何でも良いから何かプログラムを作ろう!]と言う::looks
end
なお、これは「署名」と言って上の本文とは全く関係が無く、投稿をすると自動的に表示される物です。
inoking
Scratcher
1000+ posts

意外と知られていないテクニック集

そうですね。
fps はいわゆる「移動平均」で求めるのが正しいでしょう。

これは署名と呼ばれるもので投稿本文とは関係ありません。
Scratch は「世界最大の子ども向けコーディングコミュニティーで、シンプルなビジュアルインターフェースを持ったコーディング言語」
 つまり「子ども SNS」ではない

・「傾向」とは単に一定の基準で作品を並びかえただけのもので、ランキングでもなんでもないナンバーワンよりオンリーワンを目指してみては?
・「フォロー」とは他の Scratcher が何をしているかを簡単に確認するためのもので、「フォロワー」は「ファン」ではない
・「スタジオ」とは特定のテーマに沿って作品をまとめたり共同制作したりするための場所
・「星」や「ハート」などを何かの見返りとすることは Scratch チームによって禁止されている
KiHa_47Kei
Scratcher
100+ posts

意外と知られていないテクニック集

([k a k u s i] と []) が順番に押されたとき
使用例
ちなみに文字の間に空白を入れてね(半角英数字)
既出でしたらすみません…

Last edited by KiHa_47Kei (Feb. 8, 2024 10:26:09)


重要 これは署名と言って、本文とは関係ありません。
—————-解説—————-          —————-ああ—————-
広島県在住、10代。              |ああぁああああああああ。
主に撮り鉄をしています。           |あああああああ。あああああああああ?ああああ。
よく山陽本線のどこかの踏切に出没しています。 |あああああああああああああああああ!!
他サイトにアカウントを持っています。     |ああああああああああああああああ。
こう見えて初心者です。            |ああああぁあああああああぁああああ。
103系、105系500番台、113系、115系が好きです。|あああああああ。ああああ!!
yucca42
Scratcher
100+ posts

意外と知られていないテクニック集

苦戦しがちなサロゲートペアの判定
追記: scratchblocksバグった…
定義 サロゲートペアかどうか (1文字目) (2文字目)
[\\uD7FF v] を [퟿] にする
[\\uDC00 v] を ([

Last edited by yucca42 (Feb. 12, 2024 05:38:23)


RPGのスクロールシステムを研究してます。

今はRPGを簡単に作れるアプリを作っています(^^) まだ未完成

スクラッチをコードで書きたいですか?→Scratch Codeがあります
hamuumakara
Scratcher
3 posts

意外と知られていないテクニック集

[上矢印 v] キーが押されたとき
もし <<[上矢印 v] キーが押された> ではない> なら
y座標を (10) ずつ変える
end
medal-kuraharu
Scratcher
14 posts

意外と知られていないテクニック集

#4016

それは何をするプログラムですか?

私の環境
My browser / operating system: MacOS Macintosh X 10.15.7, Safari 16.6, No Flash version detected

macOSになってしまっていますがIPADです

初心者です
yuhake_sub
Scratcher
6 posts

意外と知られていないテクニック集

その月限定のプログラムを作りたいとき

⚑ がクリックされたとき
もし <(現在の [月 v]) = [1から12までの数字]> なら
[ここに何かを入れる] と言う
end

Last edited by yuhake_sub (April 1, 2024 23:54:58)

yuhake_sub
Scratcher
6 posts

意外と知られていないテクニック集

間違ました↑..
[すいません.....] と (2) 秒言う
-_make_game_-
Scratcher
11 posts

意外と知られていないテクニック集

#4018
つまりは、
@greenflag がクリックされたとき
もし <(現在の [月 v]) = [(1以上12以下の数字を入力)]> なら
...
end
という事でしょうか。
BBcode(フォーラムで文字の表示を変えたりブロックを表示するためのコード)に慣れていないのであれば、こちらのページやこちらのページを参照してみると良いでしょう。また、緑のチェックマークをクリックする事で投稿のプレビューを入力欄の下に表示する事ができます。非常に便利ですので、ぜひ覚えておいてください。何気にプレビュー機能って知名度低い気がする…

ユーザーネームが「ゲーム作り」ですが、ゲーム以外の作品も作っています。
scratchを開いたとき::events hat
もし <[暇] = [True]> なら::control
[何でも良いから何かプログラムを作ろう!]と言う::looks
end
なお、これは「署名」と言って上の本文とは全く関係が無く、投稿をすると自動的に表示される物です。
yuhake_sub
Scratcher
6 posts

意外と知られていないテクニック集

#4020そうですね
nposss
Scratcher
100+ posts

意外と知られていないテクニック集

(A)≦(B)::operators boolean
を再現するには
<(A)<(B)>または<(A)=(B)>::operators boolean
よりも
<(A)>(B)>ではない::operators boolean
の方が効率的
inoking
Scratcher
1000+ posts

意外と知られていないテクニック集

nposss wrote:

(A)≦(B)::operators boolean
を再現するには
<(A)<(B)>または<(A)=(B)>::operators boolean
よりも
<(A)>(B)>ではない::operators boolean
の方が効率的
ちなみに、Scratch では短絡評価を行われないため上記は正しいのですが
短絡評価が行われるプログラミング言語では
A < B の出現率が高い場合、以下は前者のほうが早いです。
<(A)<(B)>または<(A)=(B)>::operators boolean
よりも
<(A)>(B)>ではない::operators boolean

これは署名と呼ばれるもので投稿本文とは関係ありません。
Scratch は「世界最大の子ども向けコーディングコミュニティーで、シンプルなビジュアルインターフェースを持ったコーディング言語」
 つまり「子ども SNS」ではない

・「傾向」とは単に一定の基準で作品を並びかえただけのもので、ランキングでもなんでもないナンバーワンよりオンリーワンを目指してみては?
・「フォロー」とは他の Scratcher が何をしているかを簡単に確認するためのもので、「フォロワー」は「ファン」ではない
・「スタジオ」とは特定のテーマに沿って作品をまとめたり共同制作したりするための場所
・「星」や「ハート」などを何かの見返りとすることは Scratch チームによって禁止されている

Powered by DjangoBB