第2回 解説

  scripts
  sprites
See inside
Instructions

「数を(1)ずつ変える」
「「数」と言う」
「(1)秒待つ」
「数を(1)ずつ変える」
「「数」と言う」
「(1)秒待つ」
   :
とできましたか?

「数」は変数と呼ばれるものですが,とりあえず詳しく理解する必要はありません.なんとなくで良いです.「数」は数を入れて覚えておくことができ,「「数」と言う」とすると,「数」に入れてある数を言って(表示して)くれます.

さて,「数を(1)ずつ変える」として,「「数」と言う」の前に入れることができましたか? できた人はなぜそうすることで目的を達成できたかわかりますか? 今回は数を順に言わせることが目的でした.そこで,なぜ「数を(1)ずつ変える」のようなブロックが必要だったのでしょうか?

これは数を数えるということは,数を数えるときの基本単位が「1」であるので,それまでに数えた数に「1」を足すことを繰り返すことだからです.当たり前すぎる話を,難しく説明していますが,人は頭の中でこのようなことをしているのです.

数を数えるためには,それまでに数えた数を覚えておく必要があるため,プログラムでは「変数」と呼ばれる,覚えておくための仕組みが必要になります.

第1回の方が簡単ですね? なんでこんな複雑な方法をわざわざさせたかというと,例えば100まで数えるプログラムを作りなさいと言ったら,第1回の方法では大変ですね.もちろん今回の方法も大変です.でも,今回の方法だと,あるブロックを使うと,とても簡単なプログラムになります.では,それを第3回でチャレンジしてみましょう.

Notes and Credits

Shared: 20 Nov 2017 Modified: 20 Nov 2017
Favorite this project 0
Love this project 0
Total views 1
View the remix tree  1
  
More projects by naokikato