punpo2007

さきほどまで、Scratchがメンテナンスのためにアクセスできなくなっていました
現在では通常通り利用できます。

00giri

Last Postのリンク切れ防止投稿*

takasyu

この投稿より。

oohara1910 wrote:

アイコンの画質の低下について
STの投稿があったので紹介します。

cheddargirl wrote:

Hi all, there was an update recently on the backend, not sure if it fully resolves the PFP/Thumbnail glitch, but hopefully it helped to fix a few things to make images load faster.

NOTE: You may need to do some cache clearing on your browser end if an image doesn't show.

google翻訳 wrote:

こんにちは、最近バックエンドで更新がありました。PFP/サムネイルの不具合が完全に解決されるかどうかはわかりませんが、画像の読み込みを高速化するためにいくつかの修正が役立つことを願っています。

注:画像が表示されない場合は、ブラウザ側でキャッシュをクリアする必要がある場合があります。
PFP…プロフィール画像のこと(ProFile Picture)

最近、Scratchの更新があり、
アイコンの画像がcdn2.scratch.mit.eduからuploads.scratch.mit.eduに変更されたようです。
これにより、画質の低下がみられるようです。

このバグは、のちに修正されるようです。

追記:作品のサムネイル画像やスタジオの画像もcdn2からuploadsに変更されたので、アイコンと同じように画質が低下する可能性があります。

takasyu

この投稿より。

oohara1910 wrote:

アイコンの画質の低下について 続報
STの投稿があったので紹介します。

BrycedTea wrote:

We have recently been doing some work to how we deliver thumbnail images which should, overall, greatly improve the reliability of thumbnail loading and the site in general. We moved the resizing of thumbnail images into the cloud, freeing up many resources for the rest of the site.

One consequence is that we now resize gifs, which previously were delivered in their full size rather than in the size they appear on our various pages. Resizing makes the thumbnails use less data when downloading them but has lead to some users seeing the gifs as blurry. However, the overall benefits to how we deliver the thumbnails are well worth it.

-Scratch Team

Google翻訳 wrote:

最近、サムネイル画像の配信方法についていくつかの作業を行っています。これにより、サムネイルの読み込みとサイト全体の信頼性が大幅に向上します。 サムネイル画像のサイズ変更をクラウドに移行し、サイトの他の部分のために多くのリソースを解放しました。

結果の1つは、さまざまなページに表示されるサイズではなく、以前はフルサイズで配信されていたgifのサイズを変更することです。 サイズを変更すると、サムネイルをダウンロードするときに使用するデータが少なくなりますが、一部のユーザーはgifをぼやけて表示することになります。 ただし、サムネイルの配信方法に対する全体的なメリットは、それだけの価値があります。

-Scratchチーム

tou-rou2

⚠️⚠️日本語フォーラムのお約束です。必ず読んでね⚠️⚠️にお約束を試行的に追加いたしました。
試行期間は1ヶ月間です。
日本語フォーラムを使う皆さんに関わる変更になりますので、こちらから、確認をお願いしたします。

henji243

KIKUMOCHIMOCHIさんの
Rocket backpack trip
が注目のプロジェクトに選ばれました!

abee

新年のあいさつは、ニュースではなく、プロフやスタジオコメントなどで行いましょう。
「3C.6 Last Postのリンク切れ防止投稿って何ですか?」を参照

StrongPeanut

⚠️速報⚠️

Scratch2021流行語大賞の結果を発表します。

StrongPeanut wrote:

3票以上入ったものを公表しています。詳しくはここで。

① 流行語部門
1位 月刊みかん
2位 傾向
2位 イントロ・アウトロ
2位 超短編アニメ
2位 タヒの踊り


② 新語部門
1位 日本語版
2位 超短編アニメ
2位 ゴンザレス


③ 事件語部門
1位 初期アイコン
2位 スタジオアップデート
3位 教育委員会
日本Scratch流行語大賞2021!Japanese Scratch-Wiki: 日本語Scratch流行語大賞

追記:リンク掲載

ketiketi87

011208treeさんの「インク」が
注目のプロジェクトに選ばれました!

kouryou118103

Last postのリンク切れ防止投稿

tou-rou2

Last postのリンク切れ防止投稿

oohara1910

-Lycka- さんの #3 ||Game|| form touch
注目のプロジェクトに選ばれました!!

daihuku-otya

KAERU_DAISENSEIさんのMusic Spiral
注目のプロジェクトに選ばれました!

daihuku-otya

OrigamiPigさんのRainbow Scratch Paper
注目のプロジェクトに選ばれました!

oohara1910

KimiruHamiruさんの竹林 - bamboo forest
注目のプロジェクトに選ばれました!!

apple502j

Scratch Linkに使用されている証明書が失効され、利用できなくなりました。本来の証明書の期限は今月8日ですが、後述の理由でその1週間前に手動で失効されました。このため、現時点ではScratch Linkが利用不可能となっています。

回避策: Android/Chromebook版のScratchアプリはScratch Linkを使用しないため問題ありません。
Windows/macOS版では現在は(公式の)回避策はありません。サードパーティーのScratch Link類似プログラムを使用したり、(最終手段として、どうしてもというときに限り)ブラウザーのSSL証明書検証を無効にすることにより対応できる可能性はあります。

(大元の原因は、Scratch Linkの設計上の欠陥です。Scratch Linkは、Web Socketサーバーを稼働させるためdevice-manager.scratch.mit.eduドメインに有効な証明書と、その秘密鍵を仕様として含んでいます。証明書の発行条件として、当然ながら秘密鍵の秘密が保たれることがあり、この証明書は、秘密鍵が流出したとして、1月の終わりに失効されました。これに関して深掘りすると長くなるのでここでは書きません。)

oohara1910

sekaijyunohaさんの宇宙旅行(3D) _Space travel
注目のプロジェクトに選ばれました!!

abee

#938のScratch Linkの問題は、さきほど1.3.82.0がリリースされたことでとりあえず解消しました。
以下からダウンロードできます。Microsoft Storeの更新はまだのようなので、直接ダウンロードをおすすめします。App Storeは更新されていました。
Scratch - micro:bit
(2022/2/14 追記) Microsoft Storeも更新されました。

kuretaka

ここはお知らせを書く場所です。お知らせ以外のものは書かないで下さい。

tou-rou2

お約束の正式追加がされました。
日本語フォーラムを使う皆さんに関わる変更になりますので、必ずこの投稿をよくお読みください。
変更点:#3に以下の文章を正式に追加しました。
・間違いには寛容になりましょう。
・もし間違いを見かけたなら注意だけでなく、必ずその理由を説明し、どうすれば改善できるか、助言もするようにしましょう。また、そのことをすることによって、どのように改善することができるのかも教えてあげるようにしましょう。ただ注意するだけの投稿はどんな相手にとっても親切ではなく、コミュニティガイドラインの「作品や会話の内容は、すべての年齢の人にとって親しみやすく、適切であることが重要です。」に反していることになります。
・間違いを教えてあげるときも、注意を受けた側も、#1をよく読んでみましょう。
また、こちらからも確認ができます。